日の出前の空気が好きです。


by breezy_shade

<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

苦節5年半。。。

今日は嬉しいことがあった。
通訳担当の男性がお休みだったので、職場の重要な会議の
通訳を頼まれたのだ。

会議の始まる20分位前に専務から頼まれたから、小さな
会議かと思いきや、20人位のスタッフを前に社長からの
重要な発表の通訳だったのでびっくり。始めのうちはメモを
取る手が震えていて困ったもんだなーと思ったが、次第に
慣れてきてなんとか無事に終了。どの程度の完成度だったか
はこの際気にせず、社長とスタッフの皆さんのコミュニケーション
のお手伝いが少しでも出来たことを素直に喜ぼうと思う。
言葉は、完成度も大事だけど、円滑なコミュニケーションが
本来の目的だから。

会議が終わってホッとしてたら、5年半前の入社当時のことを
思い出した。企業内通訳のポジションに応募したのに気づけば
不動産管理部で、日々不動産屋のおっちゃんとやりあう毎日に。。。
いつ英語使うんだろう・・・と思ったら一度だけ社長の通訳を頼まれた。
でも、出来が悪かったのか、その後はさっぱりお呼びがかからなく
なってしまった。

あれから、5年、社長は私にもう一度チャンスを与えてくれる気に
なったのか分からないが、たとえ社内の短い会議の通訳でも、
長年の夢だったことを経験できて嬉しかった。今の夢は翻訳家だけど
通訳している時のアドレナリンがあがる感覚はやっぱり特別。

会議終了後の社長はご機嫌だったから、おそらくそこそこ大丈夫
だったんだろう。また5年後・・・ではちょっと進歩がなくて情けない。
by breezy_shade | 2007-06-26 22:19 | 日常

すやみ

人間、働きすぎは良くない。意地悪な気持ちになるし、生産性も
低くなる。疲れが溜まってきて、自分の心の声が意地悪になって
来たら、病気でなくても休むのが一番。

「す病み」は、そんな気分の時にお休みすること(仲間内の造語かも?)。
社会人になってすぐは、病気でもないのに休むなんてとんでもないと
思ったが、最近は無理して体調をこわす前に休む精神的なゆとりができた。

一日家に居て、普段とは違う時間の過ごし方をすると、また忙しい
生活に戻っていくパワーを充電できる。

週末までもたない時は、お休みしたって良いと思う。無理してギスギス
して失敗したらかえって周囲の人に迷惑をかけることになるから。。。


c0118541_225834.jpg
by breezy_shade | 2007-06-25 22:05 | つぶやき

天才の領域

昨晩、待望のフジ子・へミングのコンサートに行って来た。
舞台に面して左側の席だったので、鍵盤の上の彼女の手の動きを
じっくりと観察することが出来た。

ピアニストというのはプロな訳だから技巧的に優れているのはある意味当然。
真の評価は、人を感動させることができるかどうかで分かれると思う。

傲慢な演奏者の作り出す音楽は、人を感動させることができない。
むしろ、技術的には劣っていたとしても、作曲者の思いに対する
謙虚な気持ちがある演奏者は、その存在が曲の一部となり、とても
自然に聞き手の心に感動を呼び起こすことができる。これは、私自身
長いこと、和楽器を習ってきて痛感してきたことだ。

天才フジ子・へミングの演奏は、実に素晴らしかった。楽譜など一切ないが
作曲者の思いを十分に理解して忠実に再現していることが想像できた。
滑らかに、自然でありながら実にドラマチックで、彼女の曲に対する
謙虚な姿勢と尊敬が感じられた。

アンコールで演奏されたショパンと、リストの「カンパネラ」では、
正直言ってオーケストラとの共演部分では堪能できなかった
彼女だけの音の世界を味わうことができた。

左耳の40%の聴力しか残っていないピアニストとは全く信じられない、
神の領域の音の世界を体験することが出来てとても幸せな夜だった。

フジ子・へミングプロフィール

ピンチの時にTB
by breezy_shade | 2007-06-23 21:17 | つぶやき

長寿の心得

うちの社長の秘書をしている、シングルでゴルフ好きなかっこいい
マダムが長寿の心得を教えてくれた。

「人生は山坂多い旅の道」

還暦:60歳でお迎えが来た時は「ただ今留守と伝へ」

古稀:70歳でお迎えが来た時は「まだまだ早いと伝へ」

喜寿:77歳でお迎えが来た時は「せくな老楽これからよと伝え」

傘寿:80歳でお迎えが来た時は「なんのまだまだ役に立つと伝へ」

米寿:88歳でお迎えが来た時は「もう少しお米を食べてからと伝へ」

卒寿:90歳でお迎えが来た時は「そう急がずともよいと伝へ」

白寿:99歳でお迎えが来た時は「頃を見てこちらからボツボツ行くと伝へ」

これは、彼女のお知り合いの93歳になるお母上がどこかで仕入れてきて
息子さん宛にfaxしてきたものらしい。

とかく今にとらわれすぎてしまう毎日だが、人生を本当に長い視点
から見ている人の時間の捉え方はなんともいいもんだなーと思った。
ためにもなるし、面白い。。。

おまけだが、人生には三つの坂があるともマダムは教えてくれた。

「登り坂と、下り坂、そして。。。まさか」とのこと。

なるほどなーと思った。
by breezy_shade | 2007-06-10 20:43 | 好きな言葉

ミス・ユニバース

週末にミス・ユニバースの中継番組を2時間しっかり見てしまった。

まず何よりも、日本人が世界のゴージャスなお姉さま方に負けず優勝して
しまったのはすごいことだと思う。

ミスコンについては賛否両論あるようだが、私はどっちかというと好き。
何もしなくても美しい方々が相当努力してコンテストに臨むわけだから同じ女性
として学ぶところも多い。

司会者によると、判定基準は、ルックスが良いだけでなく、
1. 落ち着いた身のこなしをしているか、
2. 審査員の質問にどう回答できるか、
の総合点とのことだった。

言われてみれば、外国人が女性の美しさを語る時は、自信に満ち溢れている
ことがすごく重要な要素になる。自信がないと色気は出ないんだそうだ。
当然おどおどしてても雰囲気台無しということなので、落ち着いてる(poised)か
どうかはとっても大事になる。知性がなくてもバービー人形とかと言われて馬鹿に
されちゃうので、やはり頭の回転が速いことも大切らしい。

優勝者の森理世さんは、正直言って、歩き方や身のこなしなどは他国の代表に
比べると少々ぎこちなかった。でも、審査員の質問に堂々と答えていて、若さの中
にも強さが感じられた。そして、なんといっても衣装とのバランスが素晴らしかった。
プレゼンテーションの技だと思うので、多分いろんな人のサポートがあった中での
優勝だったんだと思うが、やっぱり世界一はすごい。

c0118541_22332657.jpg


最近、媚びるタイプの服装で色気への早道をしようとしている若い女性が多い気がして
少し残念だ。もっと堂々と、こつこつ自分を磨きながら、言うべきことも言って、自分の
魅力をアピールしていけばいいにのなーと思う。

ちなみに、森さん、普通のメイクで髪もストレートの時の方がずっと素敵な気がしたが、
勝つためにはそこも一工夫必要だったのかな。。。
by breezy_shade | 2007-06-06 22:33 | 綺麗のヒント
これは、聖書の言葉。気を抜くとすぐに不幸モードにはまってしまう
私は、時々この言葉が頭に浮かんではっとする。

ないものの事をぶつぶつと考えてもしょうがない!
そう思うと、「あれもない、これもない、いいことなんか何もない」
ぐるぐる思考が止まって我にかえる。

いつも幸せそうな人は切り替え上手だ。目の前にあるものを上手に
生かして楽しそうにしてる。私も、早いとこ切り替え上手になりたい。

不幸モードになりたい時は思いっきりなったっていいと思うが、
やっぱり早く飽きるに限る。不幸の種を育てたってなんにも咲かない。


c0118541_2152476.jpg

by breezy_shade | 2007-06-04 21:52 | 好きな言葉
「美は人の目のなかに宿る」。私はこの言葉が昔から好きで、ことある
ごとに思い出す。

何かを見て美しいと感じるのは、それが見ている者の心の中の何かに共鳴
しているからだと思う。

だから、何を美しいと思うかは人それぞれ千差万別。
でも、だからこそ、同じものを見て美しいと感じてくれる人の存在は嬉しい。

c0118541_22113797.jpg

by breezy_shade | 2007-06-03 22:11 | English

ピンチの時

絶体絶命の危機から奇跡的に生還する人達がいる。体験談は様々だが、彼らに
共通しているのは、失意のどん底を経験した直後に奇跡を経験していること。

毎日の生活の中でも、「絶体絶命」とまではいかないけど、それなりにピンチはある。
でも、そんな時こそ目の前の現実をありのままに受け入れることが大切みたいだ。
現実を受容しないと、希望の光は差してこない。私はそのことを知らなかった。

昨日ランチを食べながら、不満でいっぱいで、猫背な自分に気がついた。
そしたら、その直後からなんか流れが変わった気がする。

仕事は、すっかりあきらめていたことに希望が差すような方向に進んだり、
プライベートも、ずっと話をしたかったのに話せなかった人とスムーズに話せたり。
街にショッピングに行けは゜やたらと性格のいい店員さんばかりに出会えたり、
極めつけは、生まれてこの方、何かに当選することなんてほとんどなかったのに
雑誌の読者プレゼントのコンサートチケットに当選してしまった。

c0118541_054642.jpg

逆らうことばかりに忙しいと、幸せにはなれない。
なんか、長いこと損しちゃったなーと思った。私にとっては大発見だった。

c0118541_023925.jpg

by breezy_shade | 2007-06-03 00:02 | つぶやき